スクワット15回=腹筋500回に相当する!?スクワックが最強な件。

2013258584264
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンズのみなさん、最近年齢とともにぽっこりお腹が気になっていませんか?

そんなときはゆっくりなスクワットで腹筋をたっぷりしたことにしてしまいましょう!

スクワット15回=腹筋500回に相当する!?スクワックが最強な件。

腹筋500回=スクワット15回って本当?

この数字の差には驚いてしまいますが、それほどスクワットは全身をしっかり使ったエクササイズだということも示しているでしょう。

腹筋を500回と言われると想像するだけで無理・・・と思ってしまいがちですが、スクワット15回と聞くとできそうかなと思いますよね。

スクワットでは太ももの筋肉をしっかり鍛えられます。この太ももの筋肉を鍛えることは、消費するカロリーも大きくなるというので、スクワットをするだけでダイエットだってできるんですね。

そして、スクワットを続けるようにすると基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がると特に運動をしなくてもしっかりとエネルギーを消費していけるので、脂肪が余分につきにくくなります。スクワット15回でこれほど体を変えられるのは画期的ですよね。

同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋なんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」なのです。つまり、やせる筋トレにはスクワットこそがふさわしいんです。

出典:http://www.lifehacker.jp/2012/05/120522musclehack.html

やるからには正しいスクワットを

スクワットというと誰でも簡単にできるエクササイズですが、効果をしっかり出すためには正しい方法でおこなわないと意味がありません。

正しいスクワットは以下の通り。

1.両足は肩幅くらいに開いて立つ。

2.背筋を伸ばして目線はまっすぐに。このとき、両腕は自分の使いやすいところに置く。

3.鼻から息を吸いながら8までカウントしながら腰を下ろしていく。8の時に太ももが床に平行になるようにすること。

4.息を吐きながら元の姿勢に戻っていく。戻すときはサッと素早く戻すこと。


実際にこの正しいスクワットをやってみると、結構太ももにきているのがわかります。

それだけ効いているということでもあるので、15回と決めて毎日継続するだけでもボディラインは変わっていくでしょう。

■動画でみる正しいスクワット

https://www.youtube.com/watch?v=TudkRBX1e5Q

おわりに

腹筋500回は無理でも、スクワット15回ならば無理なく続けられそうですね。

代謝が良くなることで汗もかきやすくなったり、お通じも改善されていくので引き締まったボディをゲットする近道となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る