WOWOW:バレエ情報番組「バレエ☆プルミエール」に土屋太鳳が出演!オープニング映像を撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WOWOWで放送中のバレエ情報番組、大貫勇輔と本田望結が進行役を務める「バレエ☆プルミエール」に、ダンス・バレエ経験者としても知られる女優の土屋太鳳が出演することが決定し、番組冒頭とエンディングに流れる映像の撮影が、都内のバレエスタジオで行われた。



国内・海外のバレエ情報をお届けする本番組。最新の公演情報やバレエニュース、いま、絶対に見ておきたい注目ダンサーの紹介、バレエメソッドを活用したトレーニングの紹介など、ここでしか観られないスペシャルなメニューを取りそろえている。

そんなバレエ情報番組に出演が決まったのは、3歳からクラシックバレエと日本舞踊を習い始め、“踊ること”を特技に挙げてきた土屋。女優業はもちろんのこと、キレの良いダンスでも話題を集める彼女だけに、今後の番組のさらなる盛り上がりが期待されている。

今回撮影された映像の舞台は、誰もいないダンススタジオ。そこにやってきた土屋が、久しぶりのスタジオの感触を確かめながら、やがて自分でも軽く身体を動かしてみる…という内容となっている。ブルーを基調とした清廉な映像美が、ストイックな印象をかもし出している。

撮影中は、監督の指示にまっすぐなまなざしで耳を傾け、その要求に的確に応えていく土屋。さらに撮影の待ち時間には、しばしばスタジオの隅で踊る土屋の姿も。それはさながら、映像内の女性同様に、スタジオの感触を自身でも確かめているかのようにも見えた。この映像は12月24日放送の「バレエ☆プルミエール」から登場する。



――土屋さんがバレエをしていて一番楽しいと思うポイントは? 
また、バレエを見るときに注目するとより楽しめるポイントがあれば教えてください。


土屋:バレエの練習自体は本当に厳しいと思うのですが、その厳しさの中にさえ輝きを感じる点がとても好きです。たとえば練習着もシューズも、使うものは全て何かどこかが美しくて、その美しさが練習で変化したとしても素敵な愛着に変わりますし、体の動きにしても、 立ち姿でさえバレエに出会わなければ出会えないものかもしれません。そんな感じで、ちょっとしたことから本番の舞台の上まで、関わるもの全てに「バレエ」という美しい魔法がかかっているようで、とても魅力的だと思います。 楽しみ方は本当にたくさんあると思いますが、踊るにしても観るにしても、まずは「バレエの魔法」に酔いしれてしまうことが、最初の、そして最高の一歩ではないかなと思います。また、ダンサーのかたによって役への解釈や表現のしかたが全くと言っていいほど違うので、その点に注目するのも楽しいのではないかなと思います。

――気になるバレエダンサーはいますか?

土屋:熊川哲也さん、宮尾俊太郎さん、アダム・クーパーさん、ジリアン・マーフィーさん。
それぞれ心惹かれる理由は違いまずが、とても素敵な方々だと思います。

――今日の収録を終えてみて、いかがでしたか?

土屋:やっぱりバレエは最強だと思いました。何が最強かは分からないのですが、ただただ素直に、その言葉が心に浮かびました。先程も申し上げましたが、バレエは、踊る人にも観る人にも深い魔法をかける不思議な存在だと思うのです。そして特に踊る人にとっては、どのジャンルのダンスにも繋がる万能の扉のような存在ではないかと、あらためて実感しました。


<放送情報>
12月24日(日)WOWOWライブ
午後4:20  
バレエ☆プルミエール
夜8:00   
英国ロイヤル・バレエ団「くるみ割り人形」

その他詳細は、イブのバレエシアターHP
http://www.wowow.co.jp/special/013146

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめまとめ

  1. 今回のテーマは、【眉毛】です。皆さんは眉毛、整えていますか? 眉毛がほんの少し変わるだけで、顔…
  2. 今は、男性も全身脱毛やヒゲ脱毛をする人が急増しています。ヒゲを脱毛するだけで、朝の面倒なヒゲ剃りの時…
ページ上部へ戻る