【ディオール】GINZA SIXに「ハウス オブ ディオール ギンザ」をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の増改築を手がけた谷口吉生によるGINZA SIXの一角、同氏はディオールのために地下1階、地上4階にわたる新店舗のファサードを、白い布が重なり合い漂う壁面に水平な線が走り、街路沿いに印象的な4つの大きなウィンドウが開けたユニークなデザインに仕上げました。



白を基調としてモダンな調度をシームレスに配した内装は、世界中のディオール ブティックを手がける建築家 ピーター・マリノによるもの。天井高7メートルの吹き抜けが印象的な1階の空間とともに、レザーグッズ、アクセサリー、ファインジュエリーと時計のコレクションが訪れる方々をお迎えします。

01
© Ano
02
© Ano

ベルギー産のライムストーンとブラックのカボションが輪郭を描くように配された床がカーペットのように伸び、壁面にタリク・キスワンソン(Tarick Kiswanson)のアートピースが飾られた階上のシューズフロアへと導きます。

03
© Ano

館内はさらにウィメンズのプレタポルテ、日本発上陸のホームコレクション「ディオール メゾン(Dior MAISON)」、「ディオール オム(DIOR HOMME)」、さらにVIPサロンも設けられています。

04
© Ano

4階にはフランスの著名なパティシエ、ショコラティエであるピエール エルメによるカフェ「カフェ ディオール
バイ ピエール エルメ(Café Dior by Pierre Hermé)」がオープンし、エクスクルーシブなデザートとともに心地よいひと時をお過ごしいただけます。

05
© Ano

ハウス オブ ディオール ギンザ」店舗情報および限定商品については以下よりご覧いただけます。

レディース
http://bit.ly/2p2Wtop
メンズ
http://bit.ly/2q5wQ7R

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめまとめ

  1. 皆さんは、普段、腕時計をしていますか? 腕時計は、さりげないお洒落としても人気を誇っています。…
  2. 今は、男性も全身脱毛やヒゲ脱毛をする人が急増しています。ヒゲを脱毛するだけで、朝の面倒なヒゲ剃りの時…
ページ上部へ戻る