モテる男が実践している最強メールノウハウ~その1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるあの子にメールを送りたい、でもどんなメールを送ればいいのか分からないという方に向けて、モテる男達が実践しているモテメール術をお伝えします。

モテる男達は皆、これから紹介するメール術を無意識のうちに実践しています。これは天性のスキルというよりは、むしろ実践の中で身につけたスキルと言った方がいいでしょう。

モテる男達も最初は皆さんのように、どんなメールを送ればいいか悩んでいたはず。なぜなら誰も教えてくれないからです。

僕もあなたも、モテるメール術なんて誰からも教えてもらっていません。

ということで、彼らが日々絶え間ないメールのやり取りから見いだした技術をこの美メンズで一気に公開していきます。

もちろんこの技術はどこかのメディアに寄稿しているわけではないので、本邦初公開というべき内容です。

それでは早速そのモテメール術を見ていきましょう。

モテる男が実践している最強メールノウハウ~その1~

そもそも嫌がるメールを送らない。

OOK161103025_TP_V

モテるメール術をお伝えする前に絶対に押さえておきたいことがあります。それは、相手が嫌がるメールを送っていないかどうか。

どんなモテメール術を知り、マスターしても相手が嫌がるようなメールを送っていたら話になりません。

自分は絶対にそんなメールは送っていないという方にもぜひ一度、下記を確認していただきたいです。

1.説教じみたメール

⇒例えば女性から愚痴メールが来たとしましょう。そこであなたがもし、「いや君が悪いよ」などから始まり、色々と説教じみた話をしてしまっていたら、残念ながらモテからはほど遠いです。

女性は単に話を聞いて欲しいだけなのです。あなたがとるべき行動は説教ではなく、聞き役に回ることです。

2.淡白すぎるメール

⇒相手のメールに対して一行で返信していたりしませんか?それはあまりにも淡白すぎます。メールもコミュニケーションの一つの手段なのですから、相手と同じくらいの文量で返信しましょう。

3.長文すぎるメール

⇒逆に、長文過ぎるメールもNG。一つのメールに話題がいくつも入っているようなメールは女性が返信に困ってしまいます。先程も申し上げた通り、同じ程度の文量で返信しましょう。

4.他人行儀なメール

⇒メールをしてから1ヶ月以上も経っているのに、◯◯ですよね、◯◯だと思いますよ。などの文体は相手と距離を感じてしまいます。

せっかく距離を縮めたいと思っている女性失礼なので、ある程度時間がたったらラフな文体にしましょう。

おわりに

いかがですか?どれも当てはまっていないかたは素晴らしいですね。このままモテメール術を学べば、確実に女性の心を掴むことができます。

逆にいくつか当てはまってしまったかた。これを機にメール内容をしっかり改めてから、モテメール術をマスターしていきましょう。

次回からは、モテメールの内容に迫っていきます。ぜひ楽しみにしていてください。

The following two tabs change content below.
川原
都内某大学に通っている学生。ライターをメインの仕事として生活中。 年に100回以上合コンに参加して得たノウハウやホストクラブで学んだ女性のイロハなどを盛り込んだ「恋愛コンテンツ」を随時配信していきます。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Rankingアクセスランキング

  1. 【メンズ編】おでこが広い男性でも似合うオススメの髪型20選【面長】...
  2. 【メンズ向け】ワックス感覚で染められる!人気ヘアカラーワックス特集...
  3. 【美メンズは作れる!】 今後フォローするべきInstagram &Twitter Vol...
  4. 1ヶ月に2~3cm伸びる!?髪が驚くほど早く伸びる『ヘアアクセルレーター』とは...
  5. 【メンズ向け】絶壁をカバーして頭の形をきれいに見せる髪型...

おすすめまとめ

  1. こんにちは! 【外見は生まれ持ったものだから・・・】 そう諦めている男性の皆様! 女性だって、…
  2. こんにちは! 直接、女子に 『男子についてどう思う?』 本音で答えてもらう企画をスタートしまし…
  3. ホンマでっかTVを見ていて、本当に驚きました・・・。 筋トレをしなくても筋肉をつける方法があっ…
  4. そろそろいい年だし結婚も考えなきゃ・・・と考えている男性は意外と多いものです。 ですが結婚は焦…
  5. 年齢よりも老けて見える濃いヒゲや青ヒゲ・・・、嫌ですよね。ちゃんとお手入れできていますか?ヒゲを根本…
ページ上部へ戻る