35歳以上は要注意!?婚活現場に生息する“絶対結婚できない男”たち

pixta_29402786_M
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺、結構イケメンだし、優しいし、それなりに年収あるのに、どうして結婚できないんだろう」そう思っている男性も多いと思います。婚活って、簡単そうで意外と難しいですよね。

もちろん結婚は縁ですから、いい人さえ見つかればトントン拍子に話はまとまります。でも、中には「それ以前の問題」の男性も多いようです。とくに、35歳オーバーで、なかなか良い女性と巡り会えない「自称:フツメン」の皆さん。

今回は、もしかして自分もそうかも!?という“絶対結婚できない男”のタイプの特徴と、その改善方法についてご紹介します。

35歳以上は要注意!?婚活現場に生息する“絶対結婚できない男”たち

タイプ1:俺についてこいタイプ

s_pixta_12586563_M

昔は流行ってましたよね、「黙って俺についてこい」って言える男がモテる、みたいな。実は、その文化は密かに終了していました。というのも、結婚後って結局女性が強いのは明らかなんです。

もし結婚後、夫が「俺の言うことをきいていればいいんだよ」みたいな発言をしたら、今の時代「DVだ!」と言われてしまいますし、女性も収入があって、家事も分担して…みたいな環境で、男が何か言っても、「口を動かすな、手を動かせ」って怒られてしまいます。

じゃあ、文句も言わずに黙ってついてきてくれる女だったらいいじゃん!って思いますが、そういう女は無知で傲慢でワガママの世間知らずばかり。夫が妻の尻拭いをして歩くことになります。

婚活の現場でも「俺についてこい」タイプの人は、女性から「自分の結婚観押し付けんな」とか「古き良き良妻賢母がいいんでしょ?はいはい」などと思われ、相手にされません。

〇女性が求めているのは「男女平等」

男女平等社会と言われて久しいですが、私自身、女性として差別されている部分を感じる場面は多々あります。「女なんだから化粧くらいしろよ」とか言われると、「は?」って感じです。

円満な家庭を望むのなら、「俺は男、お前は女」という垣根をとっぱらって、腹を割って話ができる「人間同士」でなければなりません。

「俺はこういう結婚に対しての理想があるんだ」って言われても、「そんなこと言ってたら一生独身ですね」と一蹴されてしまいます。もし女性から尊敬してほしいのなら、いざという時にしっかり活躍して、そうでないときはおとなしくしておくことです。

タイプ2:会話が成立しない

pixta_29579831_M

35歳を超えたあたりから、「残り物感」が出てくるのは、きっとこれが原因です。どうも、女性との会話が苦手だ、という人はいくら婚活をしても自力では難しいと思います。

このタイプの人は「無口」だとか「話しかけられない」とか「自分の話ばかりしてしまう」「自慢話が多い」みたいな、そういう“コミュニケーションの偏り”が見られます。

残念ながら、女性が「うっ!なんだこいつ!会話が噛み合わない!」と思ったら、イケメンだろうが高年収だろうが、無理です。

〇まずは人の話をしっかり聞け

男性と話をしていて「なんかこいつ変だな」と思う人は、必ず「相手の話をきちんと最後まで聞かない」とか「相槌がない」など、コミュニケーションが一方通行になるのが問題です。

男性本人はうまくいってるつもりでも、女性は「ああ、この人は私の話を聞いてくれないな」と思って、さっさと去ってしまいます。“相手の話を最後まで聞いてリアクションする”この訓練をしましょう。

タイプ3:不潔

pixta_28340278_M

女性は男性と性交渉することに関して、コンピュータで言うところの“ウイルスバスター”を働かせています。体臭が酷かったり、爪が伸びていると、「生理的に無理!」となるのは、女性の防衛本能です。

そのため、不潔であったり、不潔に見える人は自動的に排除されます。こればかりは、「頑張って身だしなみを整える」しかありません。

〇清潔にしていても不潔に見える

婚活中の女性って「男だったら誰でもいい」と言いつつ、この“ウイルスバスター”の設定を「高」にしている人が多いのも事実です。しかし、実際は「ちゃんと毎日お風呂入ってる」「除菌してる」という清潔な男性もアウトになってしまいます。

大事なのは、本当に清潔にすることよりも「輪郭をしっかり持つ」ということです。だらしがない表情でぼーっと突っ立っていれば、不潔と認定されてしまうこともあるのです。

そのために体を鍛えたり、眉毛を整えたり、言葉の語尾を伸ばさないなど、「ここからここまでが自分です」という強調が必要になります。まずは試しに、鏡の前に立って自分が「なんとなく存在がぼんやり」していないかチェックしてみては?

おわりに

pixta_22872327_M

婚活で売れ残る人は、「モテる以前の問題」で、なぜそうなるのか自覚がない人ばかりです。努力が足りないのではなく、努力する方向を間違えているのです。

もし「どうしてこんなに頑張ってるのに女は俺の良さに気がついてくれないんだ?」と思ったら、ひとりで悩まず、誰かに客観的に判断してもらい、しっかりアドバイスしてもらうことも大事です。

The following two tabs change content below.
福永知世(ふくなが ちせ)
1983年生まれ、青森出身。モテない男を応援するお節介お姉さんとして奮闘中。 恋の悩みから人生相談まで請け負う。竹を割ったような性格。最近の趣味はガンプラ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ

  1. main
    ホンマでっかTVを見ていて、本当に驚きました・・・。 筋トレをしなくても筋肉をつける方法があっ…
  2. 05_ph001_l
    雑誌掲載のお知らせです! ザ・ビューレックの5月号に、『美メンズ』が男性向けメディアの人気サイ…
ページ上部へ戻る