【パーマを早く落としたい人必見!】髪を傷ませずにパーマを自分でとる方法

pixta_17514580_M
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容院に行ってパーマをあてたはいいものの、鏡を見てびっくり!!

想像してたのと全然違う…。少しでもパーマをとりたい><

そんなときに役立つパーマを早くとる方法を、今日はご紹介します!

スポンサーリンク

【パーマを早く落としたい人必見!】髪を傷ませずにパーマを自分でとる方法


パーマをかけた当日に髪を洗う

美容院に行ってパーマをあてると、「今日の夜は髪を洗わないでください」と必ず言われますよね。

しかし、もしもそのパーマが気に入らない場合は当日の夜に、必ず髪を洗ってください。

パーマをあてた当日は、まだ薬剤が完全に浸透していないため、髪を洗うことによってパーマを弱めることができます。

薬剤により髪はダメージを受けているので、しっかり洗ったあとは、トリートメントで髪をケアするようにしましょう。

濡れた状態で髪をとかす

毎日髪を洗い終わったあとに、トリートメントを塗り、濡れたままの状態で髪をといてください。

できれば、櫛(クシ)ではなく粗いコームなどの方が良いです。

コームは、100円ショップでも売っているので簡単に手に入れることができます。

髪をとく際は、パーマのくせを取るようにストレートに下におろすことを意識してください。

髪をまっすぐ伸ばすことを意識しながら乾かす

髪を乾かすときには、髪をまっすぐ伸ばすことを意識しながら、コームを使って乾かしてください。

2と3で濡れた髪にも乾いた髪にも「まっすぐ」のクセをつけることで、パーマのクセを少しずつ取っていくことができるでしょう。

そして、髪をしっかり乾かしたあとには、洗い流さないトリートメントでのケアをしっかり行いましょう。

おわりに

パーマをあてると、髪にはかなりのダメージを与えることになります。

せっかくあてたパーマが気に入らない場合、美容院でもう一度あて直すこともできますが、その場合は髪に二重のダメージを与えてしまいます。

髪のダメージが気になる方は、今回ご紹介した方法を毎日繰り返すことで、できるだけ早く、自然にパーマを取る方法を選んでみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る