実は筋肉じゃない!!基礎代謝を司る意外な臓器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せるために毎朝走って筋トレしてサラダと野菜食べてるんだ!!
少し自慢げに、友人は言います。
栄養補給」と言い、大量の砂糖が入ったスポーツドリンクを飲み干しながら。

本日は「痩せたい!」という思いを行動に起こす前に、
ぜひ知識として持っておいて頂きたいこと
をお伝えさせて頂きますね。

実は筋肉じゃない!!基礎代謝を司る意外な臓器

そもそも「ダイエット」ってなに?

ダイエット、といえば皆さん、あのCMを思い出すのではないでしょうか。
たるんだお腹に情けなく曲がった背骨、くすんだ表情、、、
が見違えるように引き締まり、表情も明るくまるで別人、、、、

ダイエットの成功体験はその人の見た目だけでなく性格を変え、
ひいては人生を変えてしまう力があります。
筆者も15kgのダイエット成功体験を持つ者の一人です。
着る服も、おしゃれへの意識も、人からの目線も、心の軽やかさも、
全てが新鮮で人生の流れがガラッと変わりました。

ダイエット」と辞書で引くと出てくるのは「習慣」という訳。
習慣の積み重ねの結果が、今のあなたをかたどっているのです。
太っている人には太っている人の、病弱な人には病弱な人の習慣があります。
俗に言う「ダイエット」とは、
太る習慣をいかに生活から排除できるか、がポイントとなります。
ダイエット」は辛いことだと感じている人も多いかと思いますが、
まずは知ることです。
無意識に心地よいと感じている習慣を変えていくのには、一定の抵抗感はつきものですが、
一度変えてしまえたのなら、体型を維持することは実はとても簡単なのです。

太る習慣

太る習慣に共通するのは、「エネルギー代謝を下げる」こと。
これは運動の有無はもちろんのこと、食事にも大いにかかわってきます。
以下の習慣の中であなたに当てはまるものの多さは、あなたの太りやすさに
比例します。
今は大丈夫!!」とお思いだとしても、習慣の怖さは「積み重ね」です。
日々の微々たる積み重ねが、年を経るごとに埋まらない溝、
圧倒的な結果の違いを招くのです。

太る習慣

  • 運動不足(筋肉による基礎代謝の低下)
  • お腹がすくたび間食をしがち(代謝酵素の働きが低下)
  • 冷たい飲み物ばかり飲む(胃腸の働きが弱まり不要物排出機能低下)
  • 甘い清涼飲料水が好き(無意識のうちに陥る糖分過多、肝臓の疲弊)
  • カフェインの入った飲み物(コーヒー、紅茶など)を良く飲む(毛細血管を収縮させ代謝が低下)
  • 飲酒が大好き(肝臓を疲弊させ、代謝が低下)
  • 喫煙(毛細血管を収縮させ代謝が低下)
  • 米よりパンが好き(腸に詰まりやすく不要物排出機能低下)
  • 乳製品をよく食べる(腸内環境の悪化、血液をドロドロにさせ流れを悪くし代謝低下)
  • 外食が多い(添加物の解毒で肝臓が疲弊し代謝低下)
  • 濃い味を好む(塩分や糖分過多)
  • 同じ姿勢で長時間過ごす(血流の悪化による代謝機能低下)
ざっと挙げましたが、当てはまる項目の数に比例して、
多くの場合体型の崩れるスピードは比例するでしょう。
悪い習慣とわかっていても、身体のケアを先延ばしにしていると
体型どころか病気のリスクも、、、、。
できるところから少しずつ、「継続」していきましょう。

基礎代謝を最も司る臓器

基礎代謝(生命活動で消費するエネルギー)は筋肉量に比例する!!
という考え方は間違いではないですが、実は基礎代謝の内訳を見ると、
筋肉よりもカロリーを消費する臓器があるのです。

基礎代謝消費の内訳
肝臓・・・・27%
脳・・・・・19%
筋肉・・・・18%


実は、筋肉以上にカロリーを消費するのは意外にも肝臓なのです。
よく飲み会で脂っこいおつまみを食べながらお酒を飲む、、、、
人がそんな習慣を積み重ねた結果、
去年履いていたパンツがきつい」などという事態に陥るのは
運動不足以上に「肝臓が疲弊して本来されるはずのの代謝が成されていない
ことが影響しています。
乱れた習慣は肝臓の仕事を増やし、ブラック企業のサラリーマンのように
疲れを溜めてパフォーマンスの低下を招いてしまうのです。
ジムで運動することももちろん有効ですがその前に、
同時に疲れた肝臓を休めてあげることを考えてあげましょう。

肝臓を休ませてあげるために

肝臓を休ませてあげるには、お酒や過度のエネルギー摂取を抑えてあげることが必要です。

ニンニクやカンゾウ、マリアアザミなどのハーブや漢方を取り入れると、
より肝臓の疲労を癒してくれます。
少しずつでもいいので、無意識のうちに働かせすぎている身体を労わって
あげる視点を持って、身体と関わっていきましょう。
それができれば自然に、体型も整うものです。

次回、健康や美容に密接に「肝臓」の働きについて、掘り下げていきましょう。

The following two tabs change content below.
藤間涼平
大学、ヘアメイク専門学校卒業後 国内化粧品メーカー営業職として就職、 北海道~沖縄にかけて美容学校の担当営業として 営業活動、製品開発、メイクアップコンテスト企画、 イベント審査員、メイクアップ授業講師、 多岐に渡る業務を担当後退社。 かねてからの思いであった 「自分に自信を持てず彷徨う人の背中を押す」という思いの元に、 現在はそれぞれの悩みのカウンセリングに基づいた オーダーメイド「引き算の美容・健康法」プログラムを提案、 身体の内側から美をクリエイト、その人らしいスタイルを内、外から支える Life Beauty Consultantとして活動させて頂いております。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Rankingアクセスランキング

  1. 【メンズ向け】ワックス感覚で染められる!人気ヘアカラーワックス特集...
  2. 【メンズ編】おでこが広い男性でも似合うオススメの髪型20選【面長】...
  3. 【厳選】メンズ向け!キープ力が強いオススメヘアワックス10選...
  4. 1ヶ月に2~3cm伸びる!?髪が驚くほど早く伸びる『ヘアアクセルレーター』とは...
  5. 【メンズ向け】絶壁をカバーして頭の形をきれいに見せる髪型...

おすすめまとめ

  1. こんにちは! 直接、女子に 『男子についてどう思う?』 本音で答えてもらう企画をスタートしまし…
  2. ホンマでっかTVを見ていて、本当に驚きました・・・。 筋トレをしなくても筋肉をつける方法があっ…
  3. そろそろいい年だし結婚も考えなきゃ・・・と考えている男性は意外と多いものです。 ですが結婚は焦…
  4. 年齢よりも老けて見える濃いヒゲや青ヒゲ・・・、嫌ですよね。ちゃんとお手入れできていますか?ヒゲを根本…
ページ上部へ戻る