2017年クリスマス寂しい“クリぼっち”おすすめの過ごし方5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も残すところあと2ヶ月弱。毎年年末になると、リア充たちがいちゃつく祭りがあります。そう、クリスマスです。
ケーキやチキンを食べて、ツリーや電飾を眺めるあの祭りです。すっかり祭りの本来の目的など消え失せ、日本独自の進化を遂げています。

さて、そんなクリスマスを忌まわしく思っている男性も多いと思いますが、クリスマスのご予定はいかがですか?
もし、そんな“クリぼっち”の過ごし方にお悩みなら、今回ご用意した、おすすめの過ごし方をご参考ください。

なるべくリア充と接触することなく、クリぼっちならではの楽しみ方ができるコースを5つご用意しました。リアルに孤独を充実できる過ごし方で、自分なりの満足感を味わいましょう。


スポンサーリンク

style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-1137775654474587"
data-ad-slot="5851830444">

1、神社仏閣へ行け


クリスマスはキリスト教のお祭りですから、わざわざクリスマスを選んで神社仏閣を巡る人はあまりいません。この時期、混雑するのは主に街の中やショッピングモールです。幸せそうな家族やカップルを見かけると悲しい気持ちになるので、荒ぶる心を収めるために神社仏閣へ行きましょう。

とくに奈良県はクリスマス時期になると閑散とするようで、観光客も少なく、鹿が寒そうに闊歩している空間を独り占めできるかもしれません。

2、漫画喫茶はクリぼっちの聖地?


クリスマスに漫画喫茶にひとりで来るような人は、ほとんどがクリぼっち仲間です。家族で過ごす予定もなく、友達とも予定が合わず、当然恋人もいない。暇だから漫画でも読むか、という感じ。

クリスマスイブとクリスマスは、家にいたくないけど、リア充も見たくない、という人が漫画喫茶に集います。いわば有志です。そんなぼっち仲間に囲まれて過ごすクリスマスもいいのではないでしょうか。

3、温泉・銭湯に行く


温泉や銭湯を利用するカップルもいると思いますが、「男湯」と「女湯」に分かれているため、男湯サイドにいるうちは、心穏やかに過ごすことができます。

サウナに入ったり、休憩したり、一日たっぷり温泉を堪能していれば、気がついたときにはクリスマスが終わっているでしょう。

4、ゲームしたいなら自宅で


クリスマスシーズンのゲーセンは、ある意味「地獄」です。ゲーム好きぼっち男子と、リア充カップルがすれ違うときに火花が散っています(比喩)。UFOキャッチャー周辺などは、ひどい有様です。

そのため、このシーズンに限っては、ゲームをするなら自宅の方が傷が浅く済みます。オンラインゲームをしながら、時間が過ぎるのを待ちましょう。

5、登山


山はいいですね。そこに山があると登りたくなるものです。クリスマスシーズン、わざわざ登山する人はあまりいません。寒いですが、晴れると景色がきれいです。

雪の降る地域でなければ、このクリスマスシーズンも登山はできますので、初心者コースなどを選んで運動がてら登ってみましょう。(雪の降る地域は、スキー場になるのでリア充が多い)

おすすめは「高尾山」(https://takaozanyuho.com/)。初心者でも登りやすく、達成感も得られて気持ちがいいですよ。おそらく、クリスマスシーズンに登る人は、高齢者がメインなので、リア充を見せ付けられる心配もありません。

番外編:巣鴨


全人口のうち、リア充人口なんてほんのひと握りです。それを思い知ることができるのが、おばあちゃんの原宿でお馴染み「巣鴨」(http://www.kmine.sakura.ne.jp/tokyo/machi/togenuki/togenuki.htm)です。

「若い女だって、いつか年取ればみんなこうなるんだ」と思えば、リア充なんてちっとも羨ましくありません。おばちゃんや、おばあちゃんたちに紛れて、商店街をウロウロすると、特別なクリスマス感(安心感にも似た?)を体験できることでしょう。

もちろん、巣鴨には憎きリア充はいませんからご安心を。ついでに、とげぬき地蔵をお参りしつつ、自分の健康を祈願してみてはいかがでしょうか。

おわりに


クリスマスって何のためにあるんでしょうか。子供時代は「おもちゃがもらえて、ケーキを食べる行事」だと思っていたので、大人になってからは、あまり楽しいとは思いません。せいぜい、イルミネーションがきれいだなあ、と思うくらいです。

寒いので、家でぬくぬく過ごすのも楽しいのですが、あえてリア充が出没しなさそうな場所に足を運んでみるのも、面白いと思います。是非、自分にしかできない“クリぼっち”体験を楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
福永知世(ふくなが ちせ)
1983年生まれ、青森出身。モテない男を応援するお節介お姉さんとして奮闘中。 恋の悩みから人生相談まで請け負う。竹を割ったような性格。最近の趣味はガンプラ。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Rankingアクセスランキング

  1. 【厳選】メンズ向け!キープ力が強いオススメヘアワックス11選...
  2. 【厳選】メンズ向け!キメた髪型をキープするオススメヘアスプレー10選...
  3. 【厳選】メンズ向け!軟毛・猫っ毛にオススメのヘアワックス7選...
  4. 【厳選】メンズ向け!パーマがキレイに出るオススメスタイリング剤6選...
  5. 【厳選】絶対行くべき!沖縄デートスポット21選【沖縄本島編】...

おすすめまとめ

  1. 日本最大級の女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイト『モデルプレス』を運営する株式会社ネットネ…
  2. 2017/12/30

    芸能プロダクション・株式会社ディアステージに所属しているグループ『でんぱ組.inc』が2017年12…
  3. 皆さん『仮想通貨(かそうつうか)』ってご存知ですか? 最近、仮想通貨ブームでビットコインも1ビ…
  4. 男性でも30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに、気になってくるのが「白髪」。皆さん白髪で悩んでい…
ページ上部へ戻る