男を磨く!思考力向上勉強会! Why Japanese people?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、外見・中身磨きに切磋琢磨している男性の皆様。
こんにちは!

この【思考力向上勉強会】は皆様が日頃『当り前』つまり常識だと思っている事、近年の思想等について一般論や世間体ではなく【自分自身で考えてみる事】を目的とした内容となっております。
自分自身で考える、つまり、まわりに流されず自分なりの意見や価値観を探る事で思考力向上へ繋げていくために題材を投げかけます。

今回の題材は2つ
個性・特技を伸ばそう!
他人と比べない生き方をしよう!

よく聞く言葉ですよね?
この『矛盾』について問題提起をしたいと思います。

男を磨く!思考力向上勉強会! Why Japanese people?】

◆個性・特技とは?

pixta_26579913_M

早速ですが、あなたの個性・特技は何ですか?
一般的に、他者より優れている才能や、人とは違う点を思い浮かべる方が多いかと思います。

自分には個性なんてない。平凡な人間です
そう答える方々も多いでしょう。

平凡、つまり平均的。
その辺にいる人達と大差はない。

面白い実験データがあります。
日常的に車の運転をする方々を集め、
あなたは運転が上手ですか?下手ですか?それとも平均的ですか?
そう質問した所、9割の人がこう答えました。
平均よりは上だと思う

同じように『日常的に運転をしている人達』の中で、自分は平均よりは上手だと思っている。
つまり、被験者の大半が自分を過大評価している事になります。

では、そもそも『平均・平凡』とは何でしょうか?
人間は体調の良い日もあれば悪い日もあります。
運の良い日、悪い日もあります。

ですが、それは個々で変わってきます。
37度の熱で辛い人もいれば、まるで平熱かのように何事もなく過ごす人もいます。

また、例えば石につま付き転倒して足を捻挫したとしましょう。
災難だった!運が悪い日だ!
捻挫で済んで良かった!骨折しなくて良かった!
同じ出来事でも、受けとめ方は個々に違います。

では、ここで質問を変えてみます。
自分の個性・特技を知る方法は何だと思いますか?

◆他人と比べない生き方

PAK_OO0I9A4202_TP_V

人格者として尊敬される事が多い近年の日本人。

確かに勝ち・負けに拘ったり他者を妬む姿は見苦しいかもしれません。

ですが、ここで話を前項に戻します。
自分の個性を知る方法は何だと思いますか?

例えば、無人島で1人ぼっちで生きているとしましょう。
海に潜って魚を捕った
浜辺に絵を描いた
大声で歌った

さて、
この人に聞いてみましょう。
「あなたは水泳が平均的より上手ですか?」
「絵が上手ですか?」
「歌は上手ですか?」


きっと、こう答えるはずです。
「さあ?分からないね」

人は、自分1人では自分自身を知る事はできません。
他者と比べてみる事で初めて自分を知る事が出来るのです。

◆『個性・特技を大切にする』と『他人と比べない生き方』の矛盾

pixta_23282097_M

おかしいと思いませんか?
今の日本人の感覚・・・

自分の個性・特技を伸ばしていこう
他人と比べるのはやめよう

学校でも社会でも、まるで呪文のように唱えられています。
ですが、まず他者と比較してみないと『何が自分の個性・特技』なのか把握ができません。

例えば、あなたは歌う事が好きだとしましょう。
その好きな歌は上手なのか下手なのか?
それとも平均的なのか?

誰かと比べないと分からないのです。

そして、比べてみて『下手』だと気付いたら?
選択肢は3つあります。
上手になるように練習する
自分は下手なのだと諦める
上手・下手など気にせず自分の好きなように歌い続ける

は自己満足ですが幸せそうですね。
ですが、努力して練習を繰り返し上手になれたら幸せだし、自分は下手なんだから新しい特技を見つけようと気持ちを切り替えて新しい道を開く事も幸せかもしれません。

◆さいごに

pixta_19681315_M材に正解はありません。

あなたは、どう考えますか?
ぜひ、自分自身に問いかけてみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
中根千恵
職業/フリーライター 男性のお役に立てる内容を、女性視点からお伝えしたいと思います♡
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめまとめ

  1. 皆さんは普段、部屋の中にある荷物はどうしていますか?一般的にはクローゼット等に収納するのが普通ですよ…
  2. 2021/6/12

    コロナ禍で、毎日長時間マスクを着用しなければならない世の中。マスクの肌荒れに悩んでいる人も少なくない…
  3. 皆さんは、すね毛対策していますか?すね毛って意外と処理するのが難しい部位です。広範囲に処理しなければ…
ページ上部へ戻る