極上女子も夢中になる男子力の極意~その2~

pixta_20701738_M
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続き、今回も女子が夢中になる男子力についてお伝えしていきます。前回のポイントを簡単におさらいしますと・・・

  • 頼もしさの定義は時と場合によって異なる
  • リードをするとは、徹底した事前準備と複数オプションを用意すること
でしたね。まだご覧になっていないという方がいらっしゃいましたら、ぜひそちらもご覧ください。多くのかたが、自分の男子力のなさを痛感することになりそうです。

さて、今回はどんな男子力について学んでいけるのでしょうか。早速確認していきましょう。

■関連記事
極上女子も夢中になる男子力の極意~その1~

極上女子も夢中になる男子力の極意~その2~

愚痴を言わず、愚痴を聞く

TAKEBE160224080I9A0482_TP_V

女性の人間関係は男性のそれとは段違いに大変です。そのため女性の多くが愚痴を溜めながら生きています。

もし、女性から愚痴のはけ口としてあなたが選ばれた場合、どのような対応をしますか?その愚痴の原因を分析して解決策を提示してあげますか?

それは男性間であれば正解ですが、女性にそれをしてはいけません。なぜなら、女性は解決策を求めているのではなく、単純に話を聞いて欲しいだけなのですから。

単純に話を聞いて、「うんうん、そうなんだね。大変だね。」と、相槌をうってあげるだけで女性は満足します。

もし、あなたが女性に対して解決策を提示すべく、女性の話を分析してダメだしなどをしてしまったら、女性は自分が否定されたと感じてしまい、あなたに対すて距離を感じてしまいます。

男性からすれば、せっかくアドバイスをしてあげたのにと思ってしまいますが、女性にアドバイスは禁物なのです。

また、愚痴を吐かれたらこちらも愚痴を吐きたくなりますが、それはNG行為です。女性は自分が愚痴を吐く分には問題ありませんが、男性が愚痴を吐くのを聞いてしまうと、引いてしまいます。

なんだか矛盾していないかと感じてしまいますが、女心はそういうものなのです。

料理を作ったり、とりわける

FCFG100122303_TP_V

一昔前までは、女性が料理をするものと考えられていましたが、最近では男性も料理をするのが定番化してきました。

中には料理教室に通うほど熱心な男性もいらっしゃいます。先ほどもいいましたが、昔は男性=料理をしないのが当たり前だっただけに、今は男性が料理をするだけで女性の評価はかなりいいです。

レパートリーも女子顔負けほどの豊富さがあればもうこれは男子力抜群ですね。

その他、料理関連でいうと、食事にいった際にサラダなどを取り分けてあげるのも男子力を感じさせるポイント。ぜひ積極的にやってみてください。

The following two tabs change content below.
川原
都内某大学に通っている学生。ライターをメインの仕事として生活中。 年に100回以上合コンに参加して得たノウハウやホストクラブで学んだ女性のイロハなどを盛り込んだ「恋愛コンテンツ」を随時配信していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る