【MB】「八頭身体型」を実現するにはストールを活用せよ!

ddd
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分は頭が大きくて・・・」
「自分は足が短くて・・・」


と体型で悩む人は多いかと思います。

とりわけ日本人は欧米人に比べて体型が未熟にみられがち。大きな頭、胴長短足の体型とコンプレックスは人それぞれですが、誰しも一箇所くらいは悩みがあるものでしょう。私も頭が大きく、胴長短足、薄毛となかなかの三重苦です。

今回はそんな日本人の悩み「体型」をカバーする方法を一つお教えしましょう。

【MB】「八頭身体型」を実現するにはストールを活用せよ!

「体型のバランス」は頭の大きさが基準になる

プロのモデルさんと私たち一般人を比較した時にもっとも目につく分かりやすい違いは「頭が小さい」、これです。

モデルさんは皆開いた手の平に収まりそうなくらい小さな顔の方ばかり。スラッとスタイルが綺麗で何を着てもサマになります。

実はこの「頭の大きさ」、特にコンプレックスを感じていなくても、気をつけるべきなのです。

何故なら「八頭身」などという言葉がある通り、頭の大きさは身体のバランスを見る際の基準となるからです。

非常に単純な話、「頭が小さければ」足が短ろうが背が低かろうが、それなりに見えてしまうのです。

「頭身」を調整することでモデル並みにバランスを綺麗に見せることが可能です。

調整するって・・・?整形するわけにもいかないだろうし」と思うかもしれませんが、簡単です。

ストールを巻けば良いのです。

顔の近くに物があると対比効果で顔は小さく見えます。

1

女子にカメラを向けてみてください。女子の9割以上が顔の近くでピースサインを出したり、手を広げたりするポーズをとるはずです。

これは「顔の近くに手を置くと、顔が小さく見える」と意識的にか無意識的にか理解しているからです。

女子はよく写真を撮ったり鏡を見たり、私たち男性よりも美意識が高いものです。

自分の映った写真を見て、どれが一番綺麗に見えるかきちんと把握しています。

そのため「小顔で綺麗に見えるポーズ」を自然と会得しているのです。

もちろん顔を小さく見せたいからといって、常に顔の周りに手を置いておくのもおかしいでしょう。そこでストールです。

大判のボリュームあるストールを巻くことで、顔周りに布があり、対比で小さく見えるという算段ですね。

2

これが実に効果絶大。

洋服のコーディネートには「身体がバランス良く綺麗に見えるシルエット」が幾つかありますが、そんなノウハウを知らなくてもストールを巻くだけで体型が整って綺麗に見えます。

これは上述の「頭身が調整されたから」なのです。

大判のストールはどこで買うのが良いの?

「大判のストールって言ってもどこで探せばいいの?」と思ったら、『ZARA』をオススメします。

ファストファッションZARAは現在アパレル企業の売上世界トップ。今や日本の地方都市にまで進出している世界的なブランドです。

■ZARA
http://www.zara.com/jp/

オンライン通販じゃなくても「近くにお店がある」という人の方が多いはずです。是非ZARAのレディースフロアにてストールを探してみてください。

レディースには「小顔」を意識する女性のために、超大判の無地ストールなどが3000円程度で揃っています。

「レディースでいいの?」と思うかもしれませんが、無地のストールならば、レディースもメンズもありません。

私も無地ストールは専らZARAのものを愛用しています。格安手頃で確実に良品が手に入ります。是非試してみてください。

The following two tabs change content below.
メンズファッションバイヤー/ブロガーMB
アパレル店舗のスタッフから、店長、マネージメント、バイヤー、コンサルティング、EC運営など多岐にわたる経験を持つ。現在は自身の運営する会社の代表としてプロバイヤーや企業コンサルタントなどの傍ら、ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営中。 まるで数式を解くようにオシャレをロジックで語る内容が大反響を呼び多くのフォロワーを生み出した。2014年よりメルマガ「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」をスタート。 月540円の有料メルマガながら、驚異的な増加率を見せ、堀江貴文氏などに次いで現在読者数4位をマーク。2014年度初年度にはまぐまぐメルマガ大賞も受賞。現在ブログ、メルマガでの活動に加え、扶桑社媒体「週刊SPA!」、KADOKAWA媒体「WebNewType」、メンズファッション雑誌「メンズジョーカー」などで企画協力、連載など精力的に活動中。名実共に日本を代表するメンズファッションブロガーである。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る